2016年06月20日

実りの季節始まる


梅雨は・・・と苦手になりがちですが植物がたくさんの水を浴びてぐんぐん育つ時期。
降り過ぎも困るけど降らないのも困る・・・バランスよくが一番だけど人間だってバランスとるの難しい・・・だから自然界にだけちょうどよくを望むのは傲慢なような・・・
そんなことを外の緑を眺めながらぼけっと考える今日このごろです。

お庭ではいろんなところに実がつき始めました。

minori1.jpg minori2.jpg minori3.jpg

minori5.jpg 平山家 6月.jpg minori4.jpg

上の左から
ハスカップ、新芽はみんな鹿に食べられたけど実はセーフ。まだ緑の実をいっぱいつけてます。今日からまた娘たちのところへ。ちょっとだけどお土産に。
グズベリーは久しぶりに実を付けてくれました。やっぱり丸沼は北海道で実るものが良く育ちます。
下の左から
さくらんぼ。Cou太郎の大好物。お隣さんの木からたくさん落ちて来ています。
そして週末ご宿泊くださった12年間年末にお越し下さっている平山さんご家族。こちらも実ったばかりのさくらんぼみたいに可愛いい子供達を連れて来てくれました♪初めて来たとき次女さんは高校生1年生だったという話をして驚きました。わたしにとってはついこの間のように感じて・・・それが素敵なママ。うちの次女も高校1年生。ということはあっという間にこんな時期が来るのかな・・・などと考えながら楽しい時間を頂きました。また年末に♪
たくさんの花芽をつけ、いつ咲こうかなの蕾を膨らませはじめた野ばらたち。
いろんな虫たちに襲われながらもいつも勇敢に花を咲かせてくれます。
その手助けとばかり木酢液をかけ続けた私もそろそろ役目が終わりそうです。




posted by cou屋主 at 11:07| Comment(0) | Coucher(宿泊)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]