2013年09月25日

繋がる!わ・わ・輪



この仕事を始めて、人のつながりの大切さを感じ続けているのですが
カフェを始めてからは、今まで以上に強く感じています。

カフェを始めて仕事の大変さは倍増したのですが売り上げはそれほどでもなくむしろ…(笑)
なのですが、私たちの「人の財産」は何倍にも膨らんでいるような気がします。
屋主はいつもそう言いながら、それを励みに早朝から夜遅くまでの仕事をしています。

そして今回はそんな思いを実感させてくれる出会いがありました。

1つ前のブログでご紹介したWさんご夫妻が今回ご宿泊くださったのは1人の方からのご紹介でした。
奥様はアクセサリーの作家さんでそのお客様が、群馬に来るときは是非Cou屋でと
紹介してもらっている雑誌raifuを同封してお手紙をくれたというのです。
そのお客様というのが、今シーズンからカフェに何度か足を運んでくださったいた、
桐生在住のMさんでした。
私は厨房にいることが多く、お話しする機会もなかったのですがスタッフのケイコちゃんが
「何度もお越しいただいてます!いつもパンをたくさん買ってくださってます」と教えてくれました。

そして今回、Mさんがお願いしていたアクセサリーをカフェで引き渡しすることになったそうなのです。

そんな風に人から人へ私たちの宿やカフェが広がっていてくれること、
そして、この空間の中で幸せな瞬間や嬉しい時間を過ごしてくれること、
すごくすごく嬉しいことです。
1つ前のブログでもお話しましたが、良い雰囲気、嬉しい空気など周りに伝染していくのだな〜
と思うのです。

そういう温かい時間をCou屋の空間の中でお客様に作っていただけることが
私たちに幸せを運んで来てくれることなのだなと思います。
そしてその喜びを噛みしめて仕事をするとお客様を笑顔に出来るのかな〜
とぐるぐると頭の中で回ってしまった私です。

そして良いことばかりでない世の中、誰かの辛さや悲しみもちょっと減らすこと出来る
空間でもありたいなと思いました。

そんなこんなで長くなりましたがWさん夫妻とMさんです。

IMG_0375.JPG IMG_0376.JPG

注文されたアクセサリを受け取りつけられたMさんです。
素敵です。
アクセサリー作家 mico*さんのページです。

身に着けていない古いデザインのアクセサリーや祖母や母から受け継いだアクセサリーを
その人らしくアレンジして作り直すお仕事もされているようです。
眠っているアクセサリーがたくさんある私は興味津々でした。

これを機にお付き合いできると嬉しいです♪
Wさん、Mさん、ありがとうございました☆



また連休最終日のカフェは常連様たちにたくさんお越しいただきました。
夏場お客様が多く、いつも通りいかずにバタバタとご迷惑をかけたのにもかかわらず
毎月のランチを楽しみにしてくださり「逃さないようにしてるのよ!」なんて
言ってくださるお客様たちに囲まれ、つくづく温かい方々に支えられているなと感じます。
お客様を裏切らない仕事をこれからも続けて行かねば!と身が締まりました!




posted by cou屋主 at 10:06| Comment(0) | Coucafe(カフェ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]